世界日報 Web版

コラム rss

モスク襲撃に思う

地球だより  エジプトのテロは、そのほとんどが、同国東部シナイ半島北部で発生、大部分は、軍や警察などの治安要員…

続き

乾杯の掛け声

韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」  西洋の晩餐(ばんさん)では酒の入った杯を合わせ乾杯を叫ぶのが儀礼だ。ホ…

続き

東京の西新宿に「落語くらぶ」という寄席が…

 東京の西新宿に「落語くらぶ」という寄席がある。普段は落語のCDなどを販売しているミュージックテイト西新宿とい…

続き

ロヒンギャ迫害非難

棄権してはリードできない  先週、国連人権理事会は、ミャンマーのロヒンギャ族迫害を非難する決議を採択した。  …

続き

全国各地の観光名所、史蹟(しせき)のうち…

 全国各地の観光名所、史蹟(しせき)のうち、経年劣化や自然災害で傷み、修復が必要な所は少なくない。毎年190万…

続き

ロシア帰化選手の本音

地球だより  韓国初の冬季五輪となる平昌冬季五輪まで余すところ約2カ月。否が応でも国民の関心が高まるところだが…

続き

安保危機招く中国傾斜

 韓国の文在寅大統領は13日から中国を国賓訪問する。  北朝鮮の核問題の平和的解決や朝鮮半島での平和定着に向け…

続き

同性婚合法化求めた日本学術会議

 10月の衆議院選挙では主要政党が性的マイノリティー、いわゆるLGBT支援を公約に謳っていた。  一方、9月に…

続き

師走(しわす)にはいろいろな語源説がある…

 師走(しわす)にはいろいろな語源説がある。よく知られているのは、その年の罪障を懺悔(ざんげ)し、消滅を祈願す…

続き

「冬空につき出でてゐるもの多し」(上村勝一)…

 「冬空につき出でてゐるもの多し」(上村勝一)。本格的な冬の到来で、各地で雪の便りを聞くようになった。冬枯れの…

続き

中国軍、最新ICBM試射認める

 中国人民解放軍は、破壊力の大きな新型大陸間弾道弾(ICBM)DF41の試験発射を行ったことを認めた。  国防…

続き

中国の史書「魏書」の東夷伝倭人条いわゆる…

 中国の史書「魏書」の東夷伝倭人条いわゆる「魏志倭人伝」には、邪馬台国の女王・卑弥呼には夫がおらず、弟がいて統…

続き

影潜める外国への憧れ

地球だより  外国エージェントと聞くと、スパイを連想するのはロシアに限ったことではない。先月外国メディアを「外…

続き

「ファミリーヒストリー」(NHK総合)…

 「ファミリーヒストリー」(NHK総合)という番組がある。2008年から放送されているから、10年近く続いてい…

続き

待ったなしの年金改革

地球だより  ブラジルで大きな注目を集めているニュースの一つにテメル大統領が進める年金改革法案がある。現在、早…

続き

赤いキムチの恩情

韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」  先日、妻がマンションのボランティア団体のキムジャン(越冬用キムチの漬け…

続き

宮城県多賀城市が古代米を使った新グルメ…

 宮城県多賀城市が古代米を使った新グルメブランド「しろのむらさき」を発表したのは昨年1月のこと。この米について…

続き

島国日本は6852の島嶼(とうしょ)から成って…

 島国日本は6852の島嶼(とうしょ)から成っており、そのうちの約6400が無人島である。周囲が100㍍以上あ…

続き

日曜の労働は不健康?

地球だより  ポーランド議会は先月24日、小売店の日曜日営業を2020年までに段階的に禁止する法案を可決した。…

続き

平和解決望むなら石油禁輸

 中国は国境紛争で対峙するインドを牽制(けんせい)するために隣国パキスタンの核武装を間接的に支援した先例がある…

続き

年末年始も余裕ある読書を

 「寒いね、今朝は何度だった?」「日が暮れるのも早くなったね!」という会話がここかしこで聞かれる。早いもので、…

続き

「歩行者は反射材を着用し、ドライバーは…

 「歩行者は反射材を着用し、ドライバーは前照灯の早めの点灯を心掛けて」と警察庁の担当者は呼び掛けている。同庁が…

続き

問われる米国の倫理基準

米コラムニスト マイケル・ガーソン セクハラへの意識が変化 使命果たさない宗教右派  驚くべきことが日常的に起…

続き