世界日報 Web版

コラム rss

能力に勝る経験の差

 この世の中には、本当に天才的な頭脳を持つ人がいる。筆者が知るその人は大学の同学年で、一時期、同じ寮で生活した…

続き

東京工業大は、ノーベル医学生理学賞を受賞…

 東京工業大は、ノーベル医学生理学賞を受賞した大隅良典栄誉教授(71)から寄付された1億円を基に「大隅良典記念…

続き

「早春賦とは風の音水の音」(田上頼子)。歳時記では…

 「早春賦とは風の音水の音」(田上頼子)。歳時記では、2月は「春」になる。実際にはまだ寒さが残っているので、季…

続き

きょうは立春。厳密には雨水の前日の19日まで…

 きょうは立春。厳密には雨水の前日の19日までが、二十四節気の立春に当たる。空気はまだ冷たいが、日脚は確実に伸…

続き

アーミッシュの馬糞騒動

地球だより  だいぶ前だが、米東部ペンシルベニア州ランカスター郡を旅行したことがある。ここは電気や自動車など現…

続き

曜変天目茶碗は、陶芸作品の最高峰と言われる…

 曜変天目茶碗(ちゃわん)は、陶芸作品の最高峰と言われる。12~13世紀、中国福建省で焼かれた。現在、世界に3…

続き

勇敢な父ちゃん

韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」  16年前の今頃。体育部の記者としてバスケットボールを担当していた。2人…

続き

マーティン・スコセッシ監督の映画『沈黙…

 マーティン・スコセッシ監督の映画『沈黙―サイレンス―』が公開され、話題を呼んでいる。遠藤周作の同名の小説を映…

続き

新孤立主義に向かう米新政権

米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー 世界のリーダーを放棄 国益の定義 大きく転換  立て続けに大胆な大…

続き

2020年東京五輪・パラリンピックの大会公式…

 2020年東京五輪・パラリンピックの大会公式グッズに、伝統工芸品「東京染小紋(そめこもん)」の技法を生かした…

続き

音楽の都でテロ計画

地球だより  世界の耳目がワシントンの連邦議会議事堂で20日に開催されたドナルド・トランプ新米大統領の就任式に…

続き

日本と韓国の間は今年のわずか1カ月の間に…

 日本と韓国の間は今年のわずか1カ月の間に、平成27(2015)年末のいわゆる慰安婦問題をめぐる日韓合意以前に…

続き

女性自衛官も一線進出

 第33回土光杯全日本青年弁論大会が1月7日、東京・大手町のサンケイプラザホールで開催された。私も防衛大の4年…

続き

まだあった警官の恐喝事件

地球だより  昨年10月に警官によって自宅から連れ去られた韓国人ビジネスマンが警察本部で殺害され、フィリピン社…

続き

地下鉄で席の奪い合い

 東日本大震災以来、日本人の公徳心の高さが世界から賞賛されている。他の国から見ればそうなのかもしれないが、昭和…

続き

朝日新聞が「慰安婦問題を考える」と題した…

 朝日新聞が「慰安婦問題を考える」と題した不定期連載を行っている。  昨年11月30日付18面記事では「日韓の…

続き

「信心に末法はなし初不動」(山口笙堂)…

 「信心に末法はなし初不動」(山口笙堂)。俳句の歳時記で1月は「初」という語が付く季語が多い。もちろん「初鰹(…

続き

兵庫県加古川市の鶴林寺は「播磨の法隆寺」…

 兵庫県加古川市の鶴林寺は「播磨の法隆寺」と呼ばれる聖徳太子ゆかりの名刹(めいさつ)。「日本書紀」や寺伝による…

続き

都市伝説より好きなもの

地球だより  世界の大都会には、どこにでも都市伝説がある。特にモスクワ・メトロの環状線の各駅には、噂(うわさ)…

続き

トランプ米新大統領は大統領選で「メキシコ…

 トランプ米新大統領は大統領選で「メキシコとの国境に壁を造る」「イスラム教徒の入国禁止」などの政策を打ち出して…

続き

メモの功罪

韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」  記者は書き記すことが宿命の職業だ。記者研修の頃から書いた取材手帳が数十…

続き

イタリアのランペドゥーサ島は、シチリア島…

 イタリアのランペドゥーサ島は、シチリア島からさらに南西へ220㌔の所にある、人口5500人の漁村。この30年…

続き

退任で見えた「真のオバマ氏」

米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー 機密暴露の米兵に減刑 イスラエル非難決議に賛同  オバマ大統領は静…

続き