世界日報 Web版

コラム rss

治安悪化のとばっちり

地球だより  エジプトで、「車を運転している」と言うと、驚く日本人が多い。当然の反応だろう。本当にこのまま続け…

続き

日本列島の日本海側では5日から7日にかけて…

 日本列島の日本海側では5日から7日にかけて大雪が続いた。冬型の気圧配置で、動きの遅い低気圧と強い寒気のためだ…

続き

逆方向の「歴史の終わり」へ、国際NGO報告から

 年明け、「フリーダムハウス」(FH)や「ヒューマンライツ・ウォッチ」(HRW)など、有力国際NGOの2018…

続き

米が準備する“鼻血作戦”

 北朝鮮は昨年12月、習近平中国国家主席の特使を門前払いするなど米・中の対話プロポーズを拒み続けたが、年が明け…

続き

文部科学省が昨年告示した「中学校学習指導…

 文部科学省が昨年告示した「中学校学習指導要領」で、2021年度以降、必修の武道の例として柔道、剣道、合気道な…

続き

過去の世界に生きる人々

地球だより  独週刊誌シュピーゲル電子版(1月28日)に「旧ドイツ帝国公民」運動の昨年の犯罪件数が掲載されてい…

続き

春は必ずやって来る!

 受験シーズ真っ只中(ただなか)だ。都心を歩くと、受験のために上京してきたと思われる親子連れが目に付くようにな…

続き

地球温暖化が言われる中でも、寒さ厳しい…

 地球温暖化が言われる中でも、寒さ厳しい冬が毎年続いている。とりわけ今年は、先月20日の大寒から暦通りの厳寒に…

続き

感動呼んだ一般教書演説

米コラムニスト マーク・ティーセン 超党派の協力を呼び掛け 視聴者の75%が支持  1月30日夜に初の一般教書…

続き

「何事もなくて春たつあしたかな」(士朗)…

 「何事もなくて春たつあしたかな」(士朗)。きょうは立春で、暦の上では春ということになる。しかし、朝夕はかなり…

続き

きょうは節分。節分といえば豆撒きだが、…

 きょうは節分。節分といえば豆撒きだが、最近は、その年の福の神がいる恵方に向かって巻き寿司を食べる恵方巻きも定…

続き

学業優秀な日系生徒

地球だより  日系人の祖父母もしくは曾祖父母を家系に持つ生徒の学業習熟度が高いと、ブラジルで話題になっている。…

続き

米国防総省、台湾にスティンガー250基売却へ

 中国が台湾海峡の中台中間線に沿う航空路の便を急増させる決定を下したことで台湾との間の緊張が高まる中、米国防総…

続き

「虎となり鼠となりて老いにけり」。勝海舟…

 「虎となり鼠となりて老いにけり」。勝海舟(1899年没)の辞世だ。昔は「虎」だったが、今は「鼠」になったとい…

続き

空港窃盗に大統領が大鉈

地球だより  マニラ国際空港で長年にわたり荷物業務を請け負っていた業者が、ドゥテルテ大統領の怒りを買い契約打ち…

続き

2030世代

韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」  大学生の息子を通して2030世代(20代と30代)の認識に接したが、3…

続き

「二月の山は初冬や春先とちがった容相を…

 「二月の山は初冬や春先とちがった容相を見せる。そこに吹きつけられる雪は銀の針のようだ。厳冬の山は、山自身で深…

続き

拉致問題啓発劇、宜野湾で上演へ

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  横田めぐみさんが北朝鮮の工作員に拉致されて昨年11月、40年を迎えた。…

続き

故渡部昇一氏のベストセラー『知的生活の方法』…

 故渡部昇一氏のベストセラー『知的生活の方法』が出版されたのは昭和51年。そこに書かれた方法に、半端で余分な時…

続き

“美女軍団”の思い出

地球だより  平昌冬季五輪に合わせ韓国に来る予定の北朝鮮女子応援団、いわゆる“美女軍団”を記者が最初に密着取材…

続き

北朝鮮と“無限核競争”

 国際社会では国連安全保障理事会の常任理事国5カ国だけに核保有が認められ、これ以外の国の核保有はNPT(核拡散…

続き

納豆食べて骨折予防を

 21日の大雪、除雪、雪かきで路肩にたまった雪が、このところの寒波で解けないで、そのまま残り、避けようと思って…

続き

大相撲初場所14日目に初優勝を決めた平幕の…

 大相撲初場所14日目に初優勝を決めた平幕の栃ノ心。千秋楽(28日)でも相撲のうまい遠藤を、右からすくって上手…

続き