処理水放出

処理水放出 中国の反発に対し核心から外れた毎日、日経

東京電力は先月24日、福島第1原発の放射性物質を含む水を浄化したアルプス処理水の海洋放出を開始した。中国はこの処理水に「核汚染水」とレッテルを貼り、科学的根拠を示さないまま「海洋環境の安全と人類の生命、健康にかかわる重大問題」と一方的に批判し、日本から全面的海産物の輸入停止にも踏み切った。

(福島第一原発)“汚染水”(処理水)問題をエネルギー協力の契機に

8月24日から福島第1原発の汚染水(注・処理水)の太平洋への放出が始まった。争点の核心は「信頼」である。民主的言論が作動しない中国はともかく、韓国と日本だけを見れば二つの極端な立場が存在する。

処理水放出 長続きしない韓国左派の反対

東京電力福島第1原子力発電所の処理水が今月24日から海に放出されたことを巡り、韓国左派の反対が強まっている。今後の見通しや日韓関係への影響について2人の識者に聞いた。

処理水放出 中国の反日に便乗、風評被害掻き立てる朝日

朝日の1面コラム「天声人語」(27日付)には呆れてしまった。ネット版に「『寄り添う』という欺瞞」とのタイトルが付けられていたからだ。何かと言うと、福島第1原発(福島第一原子力発電所)の処理水の海洋放出についてだ。

【韓国紙】“汚染水”(処理水)放出 韓国民の不安解消措置を

岸田文雄首相は韓米日首脳会談が終わるや否や福島第1原発を訪問したのに続き、漁業協同組合関係者たちに会った。この席で汚染水の安全性と漁民被害対策を説明したが、24日ごろの汚染水放出強行のための事前措置とみられる。

二枚舌を駆使して処理水を「汚染水」と誤解させるリベラル紙と共産党

東京電力福島第1原発から生じる処理水が近く、海洋放出される見通しだ。これに対して反原発派は処理水を「汚染水」と呼んで国民の不安を煽(あお)っている。

【社説】中間貯蔵施設 核燃サイクル確立への一歩に

原発から出る使用済み核燃料を一時保管する中間貯蔵施設の建設を巡り、山口県上関町の西哲夫町長は、中国電力と関西電力の共同開発に向けた調査の受け入れを表明した。受け入れを歓迎したい。

他のオススメ記事

Google Translate »