ソーシャルメディアガイドライン

世界日報社では、ソーシャルメディアの利用について以下のように規定しています。

  1. 情報をより迅速に多角的に発信し、読者とのコミュニケーションを促進する目的から、ソーシャルメディアを積極的に利用する。
  2. 対象は、Twiiter、Facebook、Instagram、YouTube等の当社公式アカウントおよび個人アカウント(投稿内容から容易に社名を推測できる場合)とする。
  3. ソーシャルメディアでの投稿は、記者個人の意見、表現を尊重する。そのため社の公式見解と異なることがある。社の公式見解は、当社発行の刊行物および公式ホームページで発表する。
  4. 社員としての自覚を持ち、社会通念上、不適切と思われる表現を避ける。
  5. 個人および企業・団体に対する誹謗中傷、意図的なフェイク・差別発言は行わない。
  6. ソーシャルメディアにおける情報は発信時点のものであり、その後、変更されることがある。
  7. 投稿に寄せられるコメントは、以下の場合は予告なく削除する場合がある。
    誹謗中傷、差別、フェイク、連続投稿、無関係な宣伝や投稿、スパム
  8. 機密保持および著作権の取扱いについては、当社社員就業規則に準じる。
  9. 当社プライバシーポリシーを遵守する。