世界日報 Web版

コラム rss

韓流バレエ『沈清』

韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」  「ロシアにボイラーを輸出するのは、バレエを輸出するほど難しい」。201…

続き

古代ギリシャの歴史家ヘロドトスは『歴史』を…

 古代ギリシャの歴史家ヘロドトスは『歴史』を著して「歴史の父」と呼ばれた人物。諸国を遍歴し、東はバビロニア、西…

続き

フリン氏、隠蔽が命取りに

米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー ロシアとの接触は合法 選挙で共謀「証拠なし」  隠蔽(いんぺい)で…

続き

世界遺産候補に「琉球」使わず

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  政府はこのほど、「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」と「長崎と…

続き

科学雑誌「Newton(ニュートン)」の…

 科学雑誌「Newton(ニュートン)」の発行元「ニュートンプレス」(東京・渋谷区)が、東京地裁に民事再生法の…

続き

パリに戻り始めた観光客

地球だより  度重なるテロで世界一の観光都市パリの外国人観光客は減少を続けていた。  しかし、最近のニュースに…

続き

「もはや一刻の猶予も許されない。被害者と…

 「もはや一刻の猶予も許されない。被害者と家族の忍耐は既に限界を超えている」。被害者とその家族に高齢化が容赦な…

続き

寄り添う医療

 日本で初めて「がん哲学外来」を開設した、順天堂大学の樋野興夫先生の話を伺う機会があった。がん細胞の話をしなが…

続き

「町の本当のにぎわいということになれば…

 「町の本当のにぎわいということになれば、まだ5年以上はかかってしまう。そういう意味では、国民のなお一層の応援…

続き

「日の匂ひ風の匂ひて野梅咲く」(中村芳子)…

 「日の匂ひ風の匂ひて野梅咲く」(中村芳子)。春をいち早く告げる花として知られるのは梅。奈良時代に中国から移植…

続き

張成沢氏処刑の延長戦

 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏が毒殺された事件をめぐって「なぜ、今の時期に殺されたのか」と…

続き

16日亡くなった作曲家の船村徹さんは、東洋…

 16日亡くなった作曲家の船村徹さんは、東洋音楽学校(現東京音楽大学)で学んでいた時、親からの仕送りがなく、神…

続き

目立つ社会人の大学受験

地球だより  ブラジルにおいて、日本の大学の統一入試に当たるENEM(全国高等教育試験)の結果が出終わり、試験…

続き

『伊勢物語』(第6段)に、駆け落ちした…

 『伊勢物語』(第6段)に、駆け落ちした男女のうちの女が鬼に食い殺される話が載っている。雷雨の中、2人は都から…

続き

英雄・安重根の受難

韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」  安重根(アンジュングン)義士(韓国の独立運動家。1909年に前韓国統監…

続き

東京都板橋区の高島平団地のある一帯は、昭和…

 東京都板橋区の高島平団地のある一帯は、昭和40年代に開発される以前には、「赤塚田んぼ」と呼ばれた水田地帯だっ…

続き

無意味な混乱招いた入国禁止

米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー 目的は選挙公約の実行 テロ対策への悪影響も  ばかげているが法律だ…

続き

オール沖縄は「排除の論理」

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  「沖縄の危機―『平和』が引き起こす暴力の現場」(青林堂)の出版を記念し…

続き

激しい暴風雪の中で北海道電力泊原発3号機…

 激しい暴風雪の中で北海道電力泊原発3号機(停止中)で事故が起きた――こうした想定の下に、域内の泊村で原子力総…

続き

首脳会談で増す日本の役割

「世界益」にも貢献しよう  一体、世界はどうなるか。各国の民主主義や自由度を調査している米NGO「フリーダムハ…

続き

自衛隊に上から目線?

 熊本に「憲法と領土問題を考える」講演会の仕事で出張した。滞在中、熊本日日新聞(2月6日付)に次のような記事が…

続き

安倍晋三首相とトランプ米大統領の日米首脳…

 安倍晋三首相とトランプ米大統領の日米首脳会談が行われた11日(米国時間10日)は、今年最大の寒波の影響で、昼…

続き

愛知県・渥美半島から菜の花の便りが届いて…

 愛知県・渥美半島から菜の花の便りが届いている。それは不思議ではないのだが、東京で菜の花が咲いているのを見たと…

続き


1 / 11912345...102030...最後 »

PAGE
TOP