世界日報 Web版

教育 rss

「ひきこもり」 家族ができること

 ひきこもりの状態にある当人の高年齢化が進んでいる。本人や家族がどのように対応し、今後の生活設計をどのように立…

続き

石川県輪島漆芸美術館で大学院で学んだ卒業生らがシンポ

「今漆芸に求められているものは何か」をテーマに  大学院で漆工芸を学び、今春修了した卒業生らによるシンポジウム…

続き

家事労働がアートになる日

 かつて家事代行サービスは富裕層が利用するものだったが、最近は一般世帯にも利用が広がりつつある。  これほど家…

続き

「子供の貧困」が現代社会の“通奏低音”と…

 「子供の貧困」が現代社会の“通奏低音”として流れている――と言った社会学者がいたが、確かにそうだ。貧困家庭で…

続き

限界にある受け身型の沖縄平和教育

「がちゆん」の国仲瞬さん、大学生が新しい研修企画を提案  修学旅行で沖縄を訪れる学校はほぼ例外なく、平和教育の…

続き

政治家は番犬ではない

 日曜の早朝に放送されたTBSテレビ『時事放談』で、森友・加計学園問題などで政府追及の先頭に立っていた民進党の…

続き

いじめ・自殺僕滅運動、地域を巻き込み国民運動に

「再チャレンジ東京」理事長 平林朋紀氏に聞く  いじめが原因とみられる児童・生徒の自殺が後を絶たない。一方で、…

続き

「認知症、でも大丈夫」 老年学・老年医学公開講座

 超高齢化社会に突入した日本、生活スタイルを考える上で突き当たるのが「認知症」「アルツハイマー病」だ。このたび…

続き

子育てに悩む保護者を支援

宮城県教委がサポーター養成講座  宮城県教育委員会は平成16年度から「子育てサポーター養成講座」を行っている。…

続き

薬物使った性被害防止

 6月26日は、国連が定めた「国際薬物乱用・不正取引防止デー」だ。1987年のこの日に、ウィーンで開かれた国際…

続き

江戸時代から近代にかけての東京、多摩地域の歴史・旧跡講演会

八王子や日野は甲州街道の要衝、江戸への物資輸送の中継地  「江戸から東京へ―多摩万華鏡―」が東京・西国分寺の都…

続き

小中高連携でキャリア教育推進、北海道教委の肝煎り事業

地域に密着しながら職業体験、地方創生へ子供たちに自信  人口減と過疎化で苦しむ地方の自治体。今や地方創生は地域…

続き

どうなる教師の働き方改革

 土曜日や日曜日の朝、仕事で出掛けることがあるが、息子が通う中学校の先生によく出会う。部活動の指導で出勤されて…

続き

“若い力”が奉燈の担ぎ手に

「能登キャンパス構想推進協」の祭り体験  石川県の能登地域を一つの大学キャンパスに見立て、教育や研究を促す「能…

続き

英語の4技能は必要か?

 2020年度から小学校の英語が教科となる。3、4年生は年35コマ、5、6年生は年70コマに倍増する。大学入試…

続き

「いじめ」は犯罪行為である

一般社団法人全国教育問題教育会議理事長・弁護士 秋山 昭八 学校・警察の連携強化を 地域一丸で子供の命守ろう …

続き

家庭教育支援法、子供たちに必要な法整備だ

 家庭での子育てや教育を支援し、子供たちに豊かな未来を――。そんな趣旨で全国の自治体の中には、家庭教育支援条例…

続き

問題解決に大人の関与が不可欠、沖縄・那覇でいじめシンポジウム

ネットワーク全国代表の井澤一明氏 学校の仲介が基本  沖縄の小中学校で重度のいじめ事件が起きている中、民間非営…

続き

教育のために憲法改正?

 元米国務省日本部長のケビン・メア氏が本紙とのインタビュー(18日付掲載)で憲法9条の改正議論について、「子供…

続き

眞子殿下、御婚約へ

大学時代の同級生と  秋篠宮殿下御夫妻の長女眞子殿下(25)が婚約されることが16日、分かった。宮内庁によると…

続き

「地形の辞典」出版記念シンポジウム

各学会の“用語”を横断的に解説・整理  日本地形学連合はこのほど、「地形の辞典」(日本地形学連合編 朝倉書店 …

続き

山形県の「教育旅行」誘致、台湾をターゲットに成果

地元高校生と交流、関心持つ生徒も  山形県は、海外からの旅行者拡大に県を挙げて取り組んでいる。特に、県観光物産…

続き

躾を強く言えない環境の中で

 1950年代、まだ、戦後の様子が残る時代に生まれ、成長してきた世代はワルサをしたり、常識を超えるようなことを…

続き


1 / 2312345...1020...最後 »

PAGE
TOP