世界日報 Web版

教育 rss

存在意義問われる地方私立大

沖縄大学教授 宮城 能彦 課題は学力・意欲の向上 学生を社会に送る「最後の砦」  ここ数年、地方の私立大学、特…

続き

本との出合いは人との出会い

東京都立多摩図書館が移転オープン  公立図書館では国内最大級の雑誌約1万7000タイトルを所蔵するなど都立多摩…

続き

北海道師範塾「教師の道」が実践報告を実施

諦めない心と不断の努力が実を結ぶ  教育の現場が荒れていると言われて久しい。学級崩壊、モンスターペアレント、い…

続き

寄り添う医療

 日本で初めて「がん哲学外来」を開設した、順天堂大学の樋野興夫先生の話を伺う機会があった。がん細胞の話をしなが…

続き

急務のエリート養成 日本に欠けた「強きを伸ばす」視点

学力的地盤沈下の恐れ  いま各国の大学で、優秀な学生を選別し、その資質をさらに伸ばすための施策が進められている…

続き

「チーム学校」で主体的学びを

 討論・意見発表を重視した「主体的・対話的で深い学び」、社会の変化に対応できる子供たちの教育を目指した次期学習…

続き

家庭は教育の出発点

弁護士 秋山 昭八 幼少期に人格の基礎形成 「支援法案」を批判する朝・毎  家庭での教育について国や自治体が支…

続き

参加型から訪問型の「とどける」支援へ

「全国家庭教育支援研究協議会」で事例報告会  孤立する子育て家庭の親による虐待が増え続け、虐待を未然に防ぐため…

続き

世界・社会が求めるグローバル教養人の育成を

沖縄尚学附属中創立30周年記念講演会  沖縄尚学高等学校附属中学校は昨年4月、創立30周年を迎えた。その記念行…

続き

能力に勝る経験の差

 この世の中には、本当に天才的な頭脳を持つ人がいる。筆者が知るその人は大学の同学年で、一時期、同じ寮で生活した…

続き

水辺の生き物、楽しく育てよう

葛西臨海水族園で教諭たちの講習会  4月になると、ピカピカの1年生が通学し始める。また、進級でクラス替えがあっ…

続き

幼稚園と保育園の質向上の拠点に

国立教育政策研究所・幼児教育研究センターが発足  近年、国内外で就学前教育への関心が高まってきている。1月16…

続き

地下鉄で席の奪い合い

 東日本大震災以来、日本人の公徳心の高さが世界から賞賛されている。他の国から見ればそうなのかもしれないが、昭和…

続き

“脱不登校”目指し、やる気をお膳立て

「フリースクールだいと」の取り組み  フリースクールなど学校以外の場で学ぶ不登校の子供の支援を目的にした教育機…

続き

子供の主体性重視する算数・数学授業研究会

東京学芸大学竹早地区附属学校園、特色出そうと教員奔走  幼・小・中教育の連携を取りながら、教育活動を行う東京学…

続き

晩婚と未婚が広がる時代に

 昨年末、筆者の従弟が“ついに”結婚した。40代半ばでの初婚だ。今は晩婚も珍しくはないが、叔父たちはさすがにホ…

続き

日教組腐敗の連鎖 不倫で委員長辞任に驚愕

想像以上に堕ちた組織  昨年の日教組の腐敗にはあ然とした。週刊新潮(2016年10月20日号)に日教組の岡本泰…

続き

「命のビザ」の外交官・杉原千畝の博愛精神を受け継ぐ

出身地の岐阜県八百津町八百津小学校の子供たち  岐阜県八百津町にある八百津(やおつ)小学校では、同町出身で、「…

続き

留学に際して、語学以上に重要な人格の成長

「次世代リーダー育成道場」のフォーラムで手嶋龍一氏講演  昨年12月18日、東京都教職員研修センターで海外留学…

続き

何のための「常在戦場」か

 昨年来、「常在戦場」という言葉をよく聞く。早期衆院解散・総選挙説が囁かれる中で、「政治家たる者、常に選挙に向…

続き

根岸小で講演「学習指導要領はこう変わる」

21世紀を生きる子供に身に付けさせたい力とは  台東区立根岸小学校で行われた区教育委員会研究発表会に併せ、「学…

続き

児童虐待 札幌・興正学園の取り組み

地域のつながり再構築を 親を含めた家庭ぐるみ支援  全国的に児童への虐待が増えている。政府はそうした児童虐待増…

続き

声かけ禁止の時代

 スーパーに立ち寄った時のこと。レジで支払い中、次のような店内放送が流れた。  「3歳くらいの女の子を探してい…

続き


1 / 2012345...1020...最後 »

PAGE
TOP