世界日報 Web版

コラム rss

新「ミサイル防衛見直し」は不十分

極超音速ミサイルなど未対応  米軍の「ミサイル防衛見直し」(MDR)が間もなく完成するが、国防筋によると、MD…

続き

前頭が横綱に勝つことは金星と言われる。金星…

 前頭が横綱に勝つことは金星と言われる。金星は単なる白星を超えて「特別な勝利」とされる。前頭が大関を倒しても「…

続き

植樹で国を緑豊かに

地球だより  「トゥビシュバット」、つまりユダヤ歴でシュバット月の15日は「樹木の新年」と呼ばれている。砂漠の…

続き

女子大危機論

韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」  キム・ホソン誠信女子大総長(男性)が大学改革方案の一つとして“男女共学…

続き

大きなハンディキャップを負いながら、それを…

 大きなハンディキャップを負いながら、それを逆方向に転換させて生きている人たちがいる。その生き生きした姿を見る…

続き

北朝鮮とポル・ポト政権、政治的参加の類似と相違

 北朝鮮の平昌五輪参加決定で、1978年のバンコク・アジア競技大会へのカンボジア・ポル・ポト政権の参加を思い出…

続き

故亀川正東氏から学ぶもの

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  英米文学者、評論家の亀川正東氏が103歳で人生の幕を閉じた。宮古島に生…

続き

旅行などで出国する日本人の数は、約20年前…

 旅行などで出国する日本人の数は、約20年前の1996年には1669万人で、うち20代は463万人だった。とこ…

続き

駐車罰金無料化で町おこし

地球だより  今年1月からフランスは各コミューン(市町村に相当)が、自主的に違法駐車の罰金額を決められるように…

続き

道徳教科化と「孝」の教育

 年の初め、子供が中学校で使っている教科書を開いてみた。その中に自治体が作成した道徳の副読本があった。身近な題…

続き

今さらこの言葉を持ち出すことに忸怩たる思い…

 今さらこの言葉を持ち出すことに忸怩(じくじ)たる思いであるが、言わないわけにはいかない。スポーツはルールを守…

続き

建国時から延々続く移民論争

米コラムニスト ジョージ・ウィル 国境警備めぐり激しい議論 不法移民一斉取り締まりも  1970年、第1回合衆…

続き

火事が多発している。東京・練馬区では…

 火事が多発している。東京・練馬区では木造2階建て住宅から出火、91歳の女性が亡くなった。2階には電気ストーブ…

続き

新NPR、核戦力を強化へ

オバマ政権の核政策を非難  最新の米中長期核戦略「核態勢の見直し」(NPR)の草案がリークされ、トランプ大統領…

続き

俳句の1月の季語を見ると「初」という言葉…

 俳句の1月の季語を見ると「初」という言葉の付くものが多い。「初鶏(はつとり)」「初鴉(はつがらす)」「初雀(…

続き

もう20年ほど前のことになるが、英国滞在中に…

 もう20年ほど前のことになるが、英国滞在中に雑誌か何かで見た広告で忘れられないものがある。それは、家の中の床…

続き

噴火の恐れにも賑わい

地球だより  その非常に整った円錐(えんすい)形の容姿から、かつて「ルソン富士」と呼ばれたアルバイ州のマヨン山…

続き

「酒を飲みながら演技論なんかやってる俳優に…

 「酒を飲みながら演技論なんかやってる俳優にロクなのはいない」と、芸能界の大御所が言う。「演技は理屈ではない」…

続き

なるか?メトロの改善

地球だより  ワシントンDCと郊外を結ぶ地下鉄(メトロ)は遅延が頻発するなど、利用者の評判はあまり良くない。乗…

続き

政界の渡り鳥

韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」  国民の党と正しい政党の統合問題で険悪な雰囲気が漂う中、久々に品格の高い…

続き

東京・板橋区は冒険家、植村直己が暮らして…

 東京・板橋区は冒険家、植村直己が暮らしていた所で、庶民の街の雰囲気が色濃い。遺族から1500点に及ぶ資料の寄…

続き

増える“仲井真節”のファン

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  保守系の会合で仲井真弘多前知事の登場する機会が多くなっている。10日の…

続き

甲子園というと少し気が早いようだが、野球…

 甲子園というと少し気が早いようだが、野球ではなく俳句の甲子園。今年も8月、愛媛県松山市で全国大会が開かれる全…

続き