世界日報 Web版

[ローカル] rss

本当に大丈夫? その生活習慣

東京都健康長寿医療センター社会参加と地域保健研究チーム 北村明彦部長 フレイル予防に「食事」「運動」「社会参加…

続き

北非核化の四大争点

正確な数量を把握せぬ米  6月12日にシンガポールで行われた米朝首脳会談では焦点である「完全かつ検証可能で不可…

続き

本当に大丈夫? その生活習慣

東京都健康長寿医療センター老年病理学研究チーム 石渡俊行部長 異常な細胞分裂もがん化の原因  がんは日本人の死…

続き

本当に大丈夫? その生活習慣

埼玉セントラル病院 丸山直記院長 食事・運動・睡眠でバランス良く  東京都健康長寿医療センターの主催で「ストッ…

続き

「日韓が一つになろう」韓鶴子家庭連合総裁が講演-さいたま市

世界平和統一家庭連合は1日、同連合創設者で世界的宗教指導者の文鮮明師の夫人、韓鶴子総裁を招き、「日本宣教60周…

続き

東大とベネッセが共同で実態調査

 子供の自己肯定感は成績と勉強の好き嫌い、将来の目標のある・なし、保護者の考え方、などに左右されることが分かっ…

続き

「国民民主プレス」発行 衰退を示す紙幅の縮小

衰退を示す紙幅の縮小  国民民主党が5月7日に結党したが、同月中に機関紙は発行されなかった。民主党―民進党の流…

続き

栄養バランスのよい食生活でフレイル(虚弱)予防

ニュートリ・クッキングの葭谷麻利子代表が講演  「~フレイル予防でイキイキした毎日を~健康長寿を支える『食』を…

続き

「筋肉」だけじゃない トップアスリート「脳」

早稲田大学スポーツ科学学術院の彼末一之教授が解説  筋肉は脳からの命令で初めて萎縮して力を発揮する。トップアス…

続き

トップアスリートの育成に脳科学不可欠

脳機能再建プロジェクトリーダー 西村幸男氏  東京都医学総合研究所がこのほど、都民講座「スポーツ脳科学への招待…

続き

認知症は病気ではなく老耄(ろうもう)の表れ

東京大学名誉教授の大井玄氏が講演  東京都医学研究所が東京都千代田区の一橋講堂で開いた都民講座で。83歳になっ…

続き

出会い系通い元官僚の「授業」

自分の子には拒否が多数派  義務教育段階の子供に対する教育を考える上で、論壇に不思議なことがある。あまり保護者…

続き

改憲を期す「自由民主」 自衛隊明記など素案示す

原案まで険しい合意形成  「今こそ憲法改正の実現を」(見出し)と自民党機関紙「自由民主」(5・15)は、改憲派…

続き

「宇宙で一番きれいなのは地球」

ISS滞在中の金井宣茂さんと小学生らが交信  国際宇宙ステーション(ISS)に滞在中の金井宣茂さん(41)と直…

続き

予言か? 政権の本音か?

波紋広がる文教授発言  「未来を見通す予言か」「政権の本音か」―。韓国大統領特別補佐官の先走った発言が波紋を広…

続き

千葉市が全国に地域資源の魅力を紹介

子供向け絵本を製作、病院の待合室や銀行などにも配布  千葉市は、このほど、子供たちや保護者、教育関係者に四つの…

続き

「のこさずたべよう たいせつないのち」

食品ロス削減で、熊本県がHPに絵本を公開  食品ロス削減を勧める熊本県は、地元の野菜を題材に食や環境保護への関…

続き

「平和は私達一人一人から」韓鶴子総裁がウィーンで講演

 世界平和統一家庭連合(FFWPU)の韓鶴子総裁は4月29日、ウィーン市内のイベ ント会場「ヴィーナー・シュタ…

続き

「ストレスをためない生き方」と題して講演

北里大学大学院医療系研究科教授の田中克俊氏  強烈なストレス社会と言われて久しい日本人の働き方を食事、運動、睡…

続き

「民進」に「新しい党」 辛くも新党協議立ち上げ

延々と続けた党内論議  民進党の機関紙「民進プレス」は、昨秋の衆院選後の党内論議に明け暮れる同党を反映した紙面…

続き

マインドフルネスでうつ病予防を

早稲田大学文学学術院教授の越川房子氏  うつ状態にある人は、自分のマイナス面ばかりに目を奪われ、埋没してしまう…

続き

韓国人の就職絶対条件

容姿良く30歳以下で語学力も  「超売り手市場」といわれる学生の就職状況。選(え)り好みをしなければ百パーセン…

続き

「うつ病にならない食習慣の科学」

国立精神・神経医療研究センター神経研究所の功刀浩氏が講演  ストレス科学シンポジウム(主催・公益財団法人パブリ…

続き


1 / 15712345...102030...最後 »