世界日報 Web版

対日外交は原則より国益重視で


300

 ――日韓国交からの50年を振り返ると、両国関係は山あり谷ありだった。どう評価するか。

 韓国側としては過去清算で満足したとは言えなかったが、光復(日本植民地統治からの解放)後20年間、ずっとできなかった国交正常化が朴正煕大統領(当時)の政治的決断によって実現したのは大きな成果だった。両国関係には、金大中氏拉致事件や大統領夫人を暗殺した文世光事件などショッキングな出来事もあったが、国益を重視して問題収拾に当たった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ