世界日報 Web版

世界の気象現象が極端化


800

新潟大学災害復興科学研究所 教授 福岡浩氏(上)

 ――今夏、自然災害関連のニュースを見ない日はないほどだが。

 気象条件に関しては「極端事象」と呼ばれる数百年確率の雨が、毎年どこかで降るようになってきている。程度の差こそあれ、日本だけでなく、世界各地で気象現象の極端化が進んでいる。おそらく全地球的な気候変動と密接に絡んでいることが気象学の世界ではシミュレーションを通して明らかになっている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ