世界日報 Web版

第3次安倍改造内閣が発足 「1億総活躍」へ政策基調転換を


300-1

 第3次安倍改造「未来へ挑戦する内閣」が発足した。

 今回の内閣改造は、自民党総裁に再選された安倍晋三首相が新たに任期3年を歩みだすためのものだ。来年夏の参院選と再来年4月の消費税再増税をにらみながら、安保法制成立の代償として打撃を受けた政権を再浮上させることが当面の課題だ。また、難産の末に5日、大筋合意した環太平洋連携協定(TPP)をベースにした新しい経済体制づくりも緊急の課題に浮上した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ