世界日報 Web版

結婚で繁栄する人類 家庭の基盤を崩す同性婚


懸念される渋谷区条例

 昨年3月31日、東京・渋谷区議会でパートナーシップ条例が成立、米国で増加している同性婚が日本でも増えるきっかけになりそうだ。

 人間にとり男女による正常な結婚は、地球人類の繁栄の基盤として神にも祝福される神聖な意味をもっていた。

 それが、渋谷区で法の力を加えて崩されたと言えるだろう。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ