世界日報 Web版

カーニバル過激化批判で物議


800

ブラジル保守派のボルソナロ大統領

 今年1月にブラジル大統領に就任した保守派のジャイル・ボルソナロ氏。奔放な発言から「熱帯のトランプ」と呼ばれるが、ツイッターに第三者が撮影したカーニバルの動画を投稿したことが物議を醸している。(サンパウロ・綾村悟)

 ボルソナロ大統領は、民政化後のブラジルに初めて誕生した本格的な保守政権をスタートさせた。閣僚人事では、元将軍のモウロン氏を副大統領に起用したほか、保守的なキリスト教福音派の牧師でもある女性国会議員を人権担当閣僚として迎え入れるなど、保守的な傾向が色濃く表れている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ