世界日報 Web版

米国人拘束は米政治の分断を狙ったロシアの策略か Arrest of American seen as Russian plot to divide


 ロシアが元米海兵隊員のポール・ウィラン氏をスパイ容疑で拘束したことは、ワシントンの党派対立を激化させることを狙ったロシア政府の大きな企ての一部だという。米中央情報局(CIA)モスクワ支局のトップを務めた人物によると、プーチン露大統領が極めて巧妙なロシアの情報工作でウィラン氏を「人質」として選んだ可能性が高い。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ