世界日報 Web版

米朝、初の首脳会談へ


トランプ氏決断、5月までに
金正恩氏の招請を受諾

 韓国大統領の特使として訪朝した鄭義溶国家安保室長は8日、ホワイトハウスで記者会見し、トランプ米大統領が北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の要請を受け入れ、5月までに金委員長と会談すると発表した。実現すれば、現職の米大統領と北朝鮮の最高指導者による初の首脳会談となる。

トランプ氏(右)と金正恩

トランプ米大統領(右)と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(AFP=時事)

 鄭氏はこれに先立ち、トランプ大統領をはじめマクマスター大統領補佐官(国家安全保障担当)ら政権幹部と面会し、金委員長との会談結果を伝えていた。

 鄭氏によると、同氏はトランプ氏に、金委員長が「トランプ氏とのできるだけ早い時期の会談を熱望」し、非核化への意志や核・ミサイル実験の凍結を表明したと報告。これに対しトランプ氏は「恒久的な非核化を実現させるため、5月までに金委員長と会談する」と述べたという。サンダース米大統領報道官は声明で、「大統領は金委員長の招請を受諾した」と認めた上で、場所と日時については後日決めるとした。

400

 トランプ氏は8日、ツイッターへの投稿で「金正恩は、単なる凍結ではなく、非核化について韓国の代表団と話し合った。この間、北朝鮮はミサイル実験をしない。大きな前進だが、合意に至るまで制裁は続ける。会談を計画している!」と述べ、対話に意欲を示した。

 鄭氏は会見の中で「韓国や米国、我々のパートナーは、過去の間違いは繰り返さず、北朝鮮の言葉が具体的な行動と一致するまで圧力を継続する立場を共有している」と主張。サンダース氏も「北朝鮮の非核化に期待するが、それまではすべての制裁、最大限の圧力は維持されるべきだ」と述べ、北朝鮮への圧力を維持する姿勢を強調した。

 一方、ティラーソン国務長官は8日、訪問先のアディスアベバで、北朝鮮に関して「前向きな兆候の可能性がある」としつつも、「交渉に入るにはまだ長い道のりがある」と慎重な立場を示した。

(ワシントン山崎洋介)