世界日報 Web版

かなわぬ夢から決別せよ Waking up from an impposible dream


 複雑な問題は単純な解決を拒む。特に問題が意図的に創られている場合には。不法移民の親によって米国に連れて来られた子供たち、いわゆる「ドリーマーズ(夢追う若者たち)」をどうすべきかのジレンマは、そういった問題の筆頭に挙げられる証拠である。彼らは法律の冷酷な目から見れば、米国の国土に不法に立っているのだが、精神的にはすでに米国人になっているのだ。トランプ大統領の、これら精神的米国人に関わる行政的法執行停止期間を「規則に従って縮小していく」法律を制定するとの決定は、長く続いている移民問題の窮状打開のための公平・公正な解決へ向けての土台作りとなる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧いただくには世界日報 電子版のご購入(有料会員登録)
が必要です。(最大1カ月間無料!カード支払のみ)
すでに会員の方は、ログインしてご覧ください。
新規会員登録へ ログインへ

PAGE
TOP