世界日報 Web版

トランプ氏が晒したアメリカ


加瀬 みき

差別や怒り抱え自己中心

アメリカン・エンタープライズ政策研究所客員研究員 加瀬 みき

国民の気持ち代弁した暴言

 アメリカの大統領選挙戦は残すところ2カ月余りとなったが、ここにきて共和党候補ドナルド・トランプ氏は民主党候補ヒラリー・クリントン氏に日に日に支持率で差をつけられ、トランプ大統領誕生の可能性は遠のきつつあるようにみえる。同盟国には歓迎すべき傾向である。しかし、トランプ氏が敗退すれば、トランプ以前の良きアメリカが戻ると期待すべきではない。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ