世界日報 Web版

プーチン大統領、米大統領と会談 クリミア編入後で初


600

ウクライナはポーランドなどと合同旅団編成

 ロシアによるウクライナのクリミア編入後、初となる米露首脳の会談が6日、ノルマンディー上陸70年記念式典に合わせて行われた。プーチン大統領と、ウクライナのポロシェンコ新大統領との初の会談も実現した。もっとも、クリミア編入の既成事実化を狙うロシアに両首脳は強く反発しており、プーチン大統領の思惑通りに欧米との関係改善が進むとは限らない。(モスクワ支局)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ