世界日報 Web版

中東和平、オマーンが仲介か


800

イスラエル首相が異例の訪問

 近隣アラブ諸国との関係改善を目指しているイスラエルのネタニヤフ首相が先月25日、オマーンを訪問し、カブース国王と会談した。カブース国王の招待によるもの。数日前には、パレスチナ自治政府のアッバス議長もオマーンを訪れ、カブース国王と会談。オマーンを仲介にイスラエルとパレスチナの和平へ向けた間接的対話が開始された。(エルサレム・森田貴裕)

イランは「分断画策」と警戒


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ