世界日報 Web版

北核問題に精通するソン・キム氏に熱視線


韓国紙セゲイルボ

 板門店北側の統一閣で開かれた「朝米首脳会談の議題調整のための実務会談」の米国側代表として乗り込んだソン・キム駐フィリピン米国大使に外交界の視線が集中している。

 トランプ米政府が現職の比大使であるキム氏を抜擢(ばってき)したことは共和・民主党政権を合わせて北核問題に最も精通した官僚だと見られているからだ。

 単純に韓国系というだけでなく、キム大使は第2次北核危機以後、2000年代中盤から6者協議首席代表兼国務省対北朝鮮政策特別代表などを歴任し、北核と韓半島問題を追いながら“キャリア外交官”としての実績を重ねた。北核の性能向上の現状と非核化解決の方向を最もよく理解するだけでなく、北朝鮮当局の内心も鋭く見抜いており、現局面で対北朝鮮交渉代表を引き受けるのに“最適”だということで異論がない。

 ソウル生まれのキム大使は1970年代中盤、父親に連れられて米国に移民した後、ペンシルバニア大学を卒業、ロヨラ法科大学などで法学修士号を受け、ロサンゼルスで検事として奉職した。

 1988年に外交官となり、香港と日本、マレーシアで勤めた後、2002年から06年まで駐韓米大使館で政務参事官、06年から08年までは国務省韓国課長を務めた。14年10月には北朝鮮核問題を総括する国務省対北朝鮮政策特別代表兼韓国・日本担当東アジア太平洋副次官補に任命された。

 ジョン・ケリー国務長官(当時)は、「合理的判断と熱心に仕事をする姿勢、優れた知能、謙遜で名声を得た」とし、「特にキム大使が外交界の“ジョージ・クルーニー”と言われる点を勘案すれば、彼の謙遜は非常に印象的」と評価した。

(聯合、5月28日付)

※記事は本紙の編集方針とは別であり、韓国の論調として紹介するものです。