世界日報 Web版

韓国は三流国家に転落したのか


韓国紙セゲイルボ

主体性なき人文学が背景に

 性理学の最も大きな弱点は士農工商の秩序の中で衣食住と直接関連する職業従事者を蔑視し、「賎民」あるいは「中人」の扱いをしたところにある。社会の中産層である「常民」さえも自営できなくなると、朝鮮は簡単に滅びてしまった。日本の侵略前に既に滅びたのだ。

 中国は性理学を作って、自身の主体思想を確立することで自らアイデンティティーを探すのに成功したが、性理学を習った朝鮮は逆に自身のアイデンティティーを中国に求めて中華思想に陥るしかなかった。口では孔孟の仁義と「文徳」を言いながらも、実際には文徳を施さなかったというところに朝鮮の偽善がある。

 他人の思想や哲学を単純に習う(記憶する)ことで満足すれば、結局、自身の生活を送るのではなく、他人の生活を送ることになる。性理学であれ、民主主義であれ、外来文物を体得して、自分の土地で新しく芽萌えさせることができなければ、文化従属に陥る。

 韓国文化に主体性がない理由はまさに外来先進文物を習いながらも、自らのものとできず、自分が先進化したと勘違いするところにある。これが永らく事大・従属状態にあったことの証明だ。日本は西洋から直接科学と哲学を学び土着化に成功した。自ら悩んで自ら考えない人文学は「外来人文学の奴隷」にすぎない。

 性理学の産業無視と空理空論と党派争いの無気力さと断絶し、産業社会に進むように民族を促したのが、1960年代から始まった経済開発と産業化と科学立国であった。そうした“韓国版産業革命”に成功したことは真に幸いなことだったが、われわれの精神文化はまだ“われわれの人文学”“われわれの徳治”を作り出せずにいる。これが今日の韓国の民衆民主主義の現実だ。

 似非左派・右派を合わせた似非知識人らは結局、朝鮮朝の性理学者と同じだ。もし事大性理学の偽善的名分主義と、社会主義の階級闘争的民衆主義が結合すれば、これ以上の“最悪の思想的結婚”はないだろう。このまま社会的混乱と非生産を続けるなら、痛恨の歴史後退になることが明らかだ。

 平昌冬季オリンピック開催がさまざまな点で危機に陥り、最近の「国賓訪問」とは呼べない文在寅(ムンジェイン)大統領の訪中など、さまざまな事態の発生は韓国がここ数カ月間で三流国家に転落した境遇を確認させる。旧韓末状況の再版といわざるを得ない。ソウル五輪時の国力上昇ムードとは違った国力下降の国際的境遇を感じる。

(朴正鎭(パクジョンジン)文化評論家、12月19日付)

※記事は本紙の編集方針とは別であり、韓国の論調として紹介するものです。