世界日報 Web版

韓国「5・24措置」から5年、岐路に立つ対北制裁


800

強硬派「北の悪い癖直せる」

 韓国が独自に実施している対北朝鮮制裁、いわゆる「5・24措置」が発動されてから丸5年が経過し、今後もこれを維持すべきだとする強硬論と関係改善に向け解除が妥当という柔軟論がぶつかっている。南北関係の行方を占う重要なカギになってきそうだ。(ソウル・上田勇実)

 同措置は2010年3月に黄海に浮かぶ韓国・白翎島沖で発生した哨戒艦沈没事件を受け、当時の李明博政権がその対抗措置として同年5月24日から始めたものだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ