世界日報 Web版

日産とルノー 「対等の関係」で駆け引き本格化


カルロス・ゴーン

 仏大手自動車メーカー、ルノーは、背任などで逮捕・長期勾留中のゴーン同社会長の辞任に伴い、仏タイヤメーカー、ミシュランのジャンドミニク・スナール氏を会長に選任した。日産自動車はルノーとの「対等な関係」を求めており、同社筆頭株主の仏政府を含む3者の駆け引きが今後本格化することになる。(パリ・安倍雅信)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ