世界日報 Web版

マクロン氏「欧州軍」の創設提唱


トランプ米大統領(左)とマクロン仏大統領

 フランスのマクロン大統領が6日、欧州の自主防衛のための「真の欧州軍」の必要性に言及したことで、米仏関係がギクシャクしている。マクロン氏の釈明に理解を示したトランプ米大統領だが、環大西洋の安全保障の枠組みは、北大西洋条約機構(NATO)の在り方を含め、新たな時代に差し掛かっているとも言える。(パリ・安倍雅信)

 第1次世界大戦休戦協定の締結100周年を迎えたフランスでは、今月に入り、戦没者追悼のための記念行事がフランス北東部を中心に開催され、11日にはパリの凱旋門でトランプ大統領ら世界72カ国の首脳を招いて、式典が行われた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ