世界日報 Web版

「夜と霧」のヴィクトール・フランクル没後20年


ヴィクトール・フランクル氏

 オーストリアの精神科医、心理学者、ヴィクトール・フランクルは1905年、ウィーンで生まれた。ジークムンド・フロイト(1856~1939年)、アルフレッド・アドラー(1870~1937年)に次いで“第3ウィーン学派”と呼ばれた。ナチスの強制収容所の体験を基に書いた著書「夜と霧」は日本を含む世界数十カ国語以上で翻訳され、世界的ベストセラーとなった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧いただくには世界日報 電子版のご購入(有料会員登録)
が必要です。(最大1カ月間無料!カード支払のみ)
すでに会員の方は、ログインしてご覧ください。
新規会員登録へ ログインへ

PAGE
TOP