世界日報 Web版

仏、テロ単独犯の増加警戒


シリアで戦闘訓練受け帰国

 ベルギーの首都ブリュッセルのユダヤ博物館で5月24日に発生した銃乱射事件で、アルジェリア系フランス人容疑者が逮捕された。単独犯行の可能性が濃厚とされ、イスラムのジハード(聖戦)に感化されたフランスの移民系の若者がシリアで戦闘訓練を受け、帰国後にテロを単独で実行するパターンが増えることをフランス当局は警戒している。(パリ・安倍雅信)

 今回の事件で逮捕されたメディ・ネムシュ容疑者(29)は現在、フランスで身柄を拘束されている。ベルギー当局への身柄引き渡しをめぐり、法的手続きが難航し、6月26日には引き渡しが行われる可能性が高いとされるが見通しは立っていない。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ