世界日報 Web版

イノベーション力、独裁下で欠落する創造性


中国高速鉄道「和階号」

米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望 (10)

 中国の「赤いシリコンバレー」と呼ばれる深圳市の技術開発力が大きな評価を得ている。確かに世界シェア7割を占めるドローン企業DJIや顔認証や音声認証ソフト、人工知能(AI)搭載のカメラなどで圧倒的存在感を誇示する。

 だが、中国はこれまで破壊的な創造をもたらすような革新的技術を開発したことがない。世界トップクラスの時価総額を誇る中国電子商取引最大手、阿里巴巴(アリババ)集団にしても、既存技術の活用ではあっても革新的技術ではない。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ