世界日報 Web版

豪「エルサレムに大使館」検討


佐藤 唯行

獨協大学教授 佐藤 唯行

 オーストラリアのモリソン首相は10月16日、エルサレムをイスラエルの首都として公式に認め、商都テルアビブに設置されている豪州大使館のエルサレム移転を目下検討中であると記者会見の場で発表した。実現すれば今年5月に移転を断行したトランプ米政権に追随する動きとなる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ