世界日報 Web版

新しい立憲君主国ブータン


ペマ・ギャルポ

拓殖大学国際日本文化研究所教授 ペマ・ギャルポ

 アジアの頭痛の種は北朝鮮であり、中国もそれに勝る問題である。北朝鮮のミサイル開発および実験に関しても中国の直接的間接的協力が指摘されている。北朝鮮の度重なるミサイル実験は、ある意味では煙のようなもので火元はむしろ中国であると言えるのではないか。

 昨年度、中国は他の国々同様、北朝鮮に対して経済制裁を加えていたはずなのに、事実上は貿易が3~4割伸びたという報道がなされている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ