世界日報 Web版

紫禁城の主としての習近平


浅野 和生

平成国際大学教授 浅野 和生

 北京を訪問したトランプ米大統領を歓待した習近平国家主席は、11月8日、紫禁城を我が物として案内し、清朝皇帝の宮殿で夕食を振る舞った。その映像は全世界に配信され、第19回共産党大会を終えた習近平国家主席が、今や、単に共産党の主(あるじ)であるばかりではなく、紫禁城の主でもあることを内外に知らしめた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ