世界日報 Web版

習近平一強体制の光と影


茅原 郁生

拓殖大学名誉教授 茅原 郁生

 中国では、5年に1度の最大政治イベント・共産党第19回大会(19大)が10月18~25日の間に開催され、習近平2期指導部が発足した。19大では、習総書記による政治報告でこれまでの南シナ海への領域拡大を評価した上で向後の強国路線が行動指針(戦略)で示され、党規約の改定や中央委員選出などの人事が決められた。3時間半に及ぶ政治報告などから見えてきた強国路線や習近平一強体制の確立などについて光と影の両面から注目点などを整理しておこう。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ