世界日報 Web版

懸念は中国への軍事技術流出


ケント・E・カルダー

 教授は、中国が特に東欧や地中海諸国に融資外交を展開していると指摘。

 財政再建策の一環として国有資産の売却を進めるギリシャは4月、アテネ近郊にある同国最大のピレウス港を中国に売却することを決め、中国海運大手の中国遠洋運輸集団(コスコ・グループ)との契約に調印した。

 さらに中国は新疆ウイグル自治区とカフカスをつなげる鉄道インフラの整備にも動いている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ