世界日報 Web版

ラオス、中国の南下鉄路完結へ


800

 何より特異なのは中国の進出振りだ。町中が建築現場のようなビエンチャンでは、あちこちで中国人ワーカーが働いている。中国が進出する場合、ワーカーから建築資材までごっそり中国から持ち込むことで知られる。現地で消費するのは「食料品と売春婦だけ」といった声も聞かれるほどだ。その分、現地の経済波及効果は薄い。

 昨年3月にはラオスで大型ショッピングモール「ビエンチャン・センター」がオープンした。中国雲南省の建築会社・雲南建工が建築したものだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧いただくには世界日報 電子版のご購入(有料会員登録)
が必要です。(最大1カ月間無料!カード支払のみ)
すでに会員の方は、ログインしてご覧ください。
新規会員登録へ ログインへ

PAGE
TOP