世界日報 Web版

南アフリカの追放劇 Ouster in South Africa


 今週、ネルソン・マンデラの釈放28周年記念日を祝った。水曜日(14日)、ロベン島の刑務所でのマンデラ氏の隣人の一人、ジェイコブ・ズマは任期を1年以上残して、国家の大統領を辞任した。

 「辞任」とは、彼に起こったことに対しては実際、あまりにも甘い言葉である。ズマ氏は数週間にわたる(大統領に対する)抵抗運動の後に、しかも、彼のかつての仲間によって、放り出されたのである。南アのメディアはそれを、彼の頭文字Zを取って「Zexit(Z離脱)」と呼んでいる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ