世界日報 Web版

反同性愛法で「見せしめ」に


ムセベニ大統領

オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」(2)

ウガンダ(上)

 オバマ米政権が大国のパワーを振りかざし、途上国に同性愛を肯定する文化・価値観を押し付けるのは、まるで「弱い者いじめ」だ。オバマ政権が強化する国際的圧力の中で、最大の標的となったのがアフリカ東部のウガンダだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ