世界日報 Web版

安保で違い鮮明 「強い米国」訴える共和


800

 「世界で米国の影響力とリーダーシップを回復させる必要がある」

 9月16日にカリフォルニア州で行われた共和党の第2回候補者討論会。ジェブ・ブッシュ元フロリダ州知事は、オバマ政権で失われた「強い米国」を再び取り戻すよう訴えた。

 ブッシュ氏は、オバマ大統領が対外政策で失敗続きだったことから、「次の大統領は(就任時から)大きな問題を抱えることになる」と指摘。共和党が政権奪還できなければ、米国の影響力はかつてないほど低下し、取り返しがつかなくなると危惧(きぐ)する。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ