世界日報 Web版

平和条約は不法占拠清算後に


安倍晋三首相(左)とプーチン大統領

きょう39回目の「北方領土の日」

北方四島は日本固有の領土

 きょう第39回「北方領土の日」を迎えた。わが国の領土である択捉(えとろふ)、国後(くなしり)、色丹(しこたん)、歯舞(はぼまい)の北方四島は、ソ連が1945年8月9日に日ソ中立条約を破って対日参戦し、日本がポツダム宣言を受諾して終戦となった8月15日以降も侵略し不法占拠されてしまった。北方領土返還は、戦後73年、ソ連が崩壊して27年過ぎた現在も実現せず、ソ連外交を引き継いだロシアとの間で最大の懸案になっている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ