世界日報 Web版

重鎮・側近で長期政権図る


安倍晋三首相

 安倍晋三首相は3日の自民党役員人事で、幹事長に二階俊博総務会長を据えた。党内には谷垣氏の総裁経験者としての調整力を改めて評価する声が高く、首相は当初、二階氏の留任とともに谷垣氏を続投させる考えだった。しかし、谷垣氏が自転車事故で入院し続投を固辞したことで要となるポストの再検討を余儀なくされた。

 「党内のパワーバランスが変わる」(閣僚経験者)と懸念する声がある中、首相は党内外ににらみの利く二階氏に党運営を託した。二階氏は与野党が激しく対立した安保法制の成立に向けて党内の結束に力を発揮。公明党にもパイプを持つ調整力に期待する。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ