世界日報 Web版

地方過疎化の危機 苫小牧市議会議員 櫻井 忠氏に聞く


400

活性化、自ら考え行動する時期

 第3次安倍内閣がスタートした。新内閣の柱はアベノミクスの進化とともに、地方創生の実現がある。人口減少、地方の過疎化に伴う自治体消滅の危機が叫ばれる中、地方創生をどのように実現していくか、苫小牧市議会議員の櫻井忠氏に聞いた。
(聞き手=湯朝肇・札幌支局長)

北海道復興の鍵握る苫小牧/地理的優位性に発展の道

子宮頸がんワクチン被害者遅延性副反応にも検証必要


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ