世界日報 Web版

在韓米軍撤退もカードに 島田洋一氏


島田洋一氏

どうなる米朝首脳会談 (下)

福井県立大学教授 島田洋一氏(下)

日本にとって最大の懸念は、米朝が米本土に到達する大陸間弾道ミサイル(ICBM)の廃棄だけで合意し、日本を攻撃できる中距離弾道ミサイルの脅威が残ることだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ