世界日報 Web版

伊勢志摩サミット、オバマ氏の「広島訪問」に劣らぬ成果出せるか


800

 「世界で唯一の戦争被爆国の首相である私と、世界で唯一核兵器を使用した国の指導者が共に犠牲者に哀悼の誠を捧(ささ)げる、それが『核のない世界』に向けての一歩になると信じている」

 安倍首相は14日、都内の会合で、主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)後にオバマ米大統領と共に広島を訪問することについて、「アメリカの大統領が被爆地を訪問するのは戦後71年にして初めての出来事」と強調し、「原爆や戦争を恨まず、人の中に巣くう“争う心”と決別する。そのような歴史的訪問にしなければならない」と強調した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ