世界日報 Web版

返還18周年の香港、政局多難


民主化デモ激減、基本法修正も


 英国領から1997年7月1日に中国への主権を回復した香港は、7月1日、返還18周年を迎え、記念式典や記念イベントが盛大に行われる一方、中央政府の提出した普通選挙改正案を立法会(議会=70議席)が否決して廃案にしたことで民主派による恒例の大規模デモも行われ、二極化する困難に陥っている。

 1日午前、香港中心部の湾仔(ワンチャイ)で恒例の国旗掲揚式が行われ、梁振英行政長官ら香港政府幹部や董建華中国人民政治協商会議(政協)副主席、中国政府の駐香港中央連絡弁公室(中連弁=旧新華社香港支社)の張暁明主任ら中国側要人も参加。返還18周年を祝う市民約2000人も参加し、政府要人にエールを送った。

 同日の記念式典で梁振英行政長官は「香港の一部の人々が香港基本法や中央政府の改革案を受け入れなかったことで取り返しのつかない誤解が生まれた。今後は民生問題の改善に全力を注ぐ」と述べ、民主派の動きを厳しく批判。董建華元行政長官は翌日、「香港には建設的な反対派は必要だ」と語り、親中派と民主派をつなぐ政治的人材の欠如を憂慮した。

 会場近くでは急進民主派・社会民主連戦の梁国雄立法会議員ら20人が「梁振英行政長官は辞任せよ」とシュプレヒコールを上げ、非難している。

 同日午後、民主派は毎年恒例の民主化デモを展開し、今年は制定25周年を迎える香港基本法(ミニ憲法)について修正を求めるスローガンも掲げ、香港中心部をデモ行進した。普通選挙法の改正が中央政府と香港市民の溝のために遅々として進まない一国二制度の現状に新たな民主派の行動指針が醸成され始めている。

 主催者(民間人権陣線)発表では4万8000人超が参加し、昨年の51万人より大幅に減少したが、若年層の参加者の割合は大きく変わっておらず、若年層の関心度は下がっていない。「中央政府から提出された普通選挙改革案が香港立法会で否決されたことでの安堵感と小休止ムードが反映したものだろう」(民主党の何俊仁立法会議員)と見られる。

 昨秋の雨傘革命で主導的な学生団体が分裂の危機に直面して衰退が懸念されたが、学生団体「学民思潮」代表の黄之鋒氏は「今後も香港の民主化のために地道な活動を続ける」と記者団に答えた。

 同日、中国政府は台湾や香港も対象に含む中国国家安全法を施行し、上海株式市場急落の影響を受ける香港は政経とも中国依存を深めることへの賛否を問う来秋の立法会(70議席)議員選挙で政局のヤマ場を迎える。

(香港・深川耕治)


 英国領から1997年7月1日に中国への主権を回復した香港は、7月1日、返還18周年を迎え、記念式典や記念イベントが盛大に行われる一方、中央政府の提出した普通選挙改正案を立法会(議会=70議席)が否決して廃案にしたことで民主派による恒例の大規模デモも行われ、二極化する困難に陥っている。

 1日午前、香港中心部の湾仔(ワンチャイ)で恒例の国旗掲揚式が行われ、梁振英行政長官ら香港政府幹部や董建華中国人民政治協商会議(政協)副主席、中国政府の駐香港中央連絡弁公室(中連弁=旧新華社香港支社)の張暁明主任ら中国側要人も参加。返還18周年を祝う市民約2000人も参加し、政府要人にエールを送った。

 同日の記念式典で梁振英行政長官は「香港の一部の人々が香港基本法や中央政府の改革案を受け入れなかったことで取り返しのつかない誤解が生まれた。今後は民生問題の改善に全力を注ぐ」と述べ、民主派の動きを厳しく批判。董建華元行政長官は翌日、「香港には建設的な反対派は必要だ」と語り、親中派と民主派をつなぐ政治的人材の欠如を憂慮した。

 会場近くでは急進民主派・社会民主連戦の梁国雄立法会議員ら20人が「梁振英行政長官は辞任せよ」とシュプレヒコールを上げ、非難している。

 同日午後、民主派は毎年恒例の民主化デモを展開し、今年は制定25周年を迎える香港基本法(ミニ憲法)について修正を求めるスローガンも掲げ、香港中心部をデモ行進した。普通選挙法の改正が中央政府と香港市民の溝のために遅々として進まない一国二制度の現状に新たな民主派の行動指針が醸成され始めている。

 主催者(民間人権陣線)発表では4万8000人超が参加し、昨年の51万人より大幅に減少したが、若年層の参加者の割合は大きく変わっておらず、若年層の関心度は下がっていない。「中央政府から提出された普通選挙改革案が香港立法会で否決されたことでの安堵感と小休止ムードが反映したものだろう」(民主党の何俊仁立法会議員)と見られる。

 昨秋の雨傘革命で主導的な学生団体が分裂の危機に直面して衰退が懸念されたが、学生団体「学民思潮」代表の黄之鋒氏は「今後も香港の民主化のために地道な活動を続ける」と記者団に答えた。

 同日、中国政府は台湾や香港も対象に含む中国国家安全法を施行し、上海株式市場急落の影響を受ける香港は政経とも中国依存を深めることへの賛否を問う来秋の立法会(70議席)議員選挙で政局のヤマ場を迎える。

(香港・深川耕治)

-->