世界日報 Web版

戦国期に来日した隠れユダヤ


佐藤 唯行

獨協大学教授 佐藤 唯行

 日本人とユダヤ人の最初の出会いは幕末・明治維新期に始まると信じている人は多いようだ。けれどそれは正確ではない。既に16世紀中頃の戦国時代、九州各地へ頻繁に来航した南蛮商人の中に実は隠れユダヤ教徒が混じっていたからだ。一番の著名人は後述するメンデス・ピント(1509?~83)だ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ