世界日報 Web版

故人の生きざま伝える 少子高齢化時代の「葬儀」


安部由美子氏

日本葬祭コーディネーター協会代表理事 安部 由美子氏に聞く

決まったやり方が続いてきた葬儀に変化が出てきました。

 葬儀に関わるようになった当初、私は同じような葬儀ばかりに疑問を感じました。それぞれの人生があるのだから、泣いて送る葬儀もあれば、笑顔で送る葬儀があってもいい。故人の好きだった踊りや歌で送ってあげてもいいはずです。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ