世界日報 Web版

米大統領アジア歴訪 北の核にトランプ外交徹底


押し切られた習主席

 去る11月5日から7日にかけて米国のドナルド・トランプ大統領が来日し、安倍晋三首相と首脳会談を行った。これに先立つ3日から4日にかけては、われわれは同大統領のご令嬢にして補佐官たるイバンカ・トランプ氏のたおやかな姿も目にすることができた。その後、同大統領は7日の訪韓を経て、8日から9日には中国を訪れて習近平国家主席と会談し、さらにベトナムやフィリピンで開催される国際会議へと出席する。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ