世界日報 Web版

沖縄県民投票の茶番劇を斬る


西田 健次郎

OKINAWA政治大学校名誉教授 西田 健次郎

 沖縄県宜野湾市の米海兵隊普天間基地の沖縄本島北部キャンプ・シュワブ海上への移設を、玉城デニー知事は、ありとあらゆる手段で阻止しようとしている。県はついに、5億円以上の県税を使って「県民投票」という政治パフォーマンスを演じた。当初、知事陣営は、全有権者の70%以上の辺野古反対票を集めると息巻いていたが、結果は投票率52%で反対票は有権者全体の39%でしかなかった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ