世界日報 Web版

歴史歪めた歴代知事の責任、「集団自決」に無知な翁長氏


翁長雄志氏

歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
上原 正稔 (29)

 第1次世界大戦が終わり、戦後処理が始まった時、日米軍縮会議が開かれ、「琉球」をどうするか議題に上がった。ドイツ領であった南洋諸島が日本の「管轄下」に置かれたことはよく知られているが、「琉球」のことは誰も知らない。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ