世界日報 Web版

米軍基地・安保に直結、9月9日は沖縄26市町村で議会選


米軍基地・安保に直結、9月9日は沖縄26市町村で議会選

再編交付金めぐり与野党攻防 名護市

 9月9日、沖縄県内41市町村のうち、26市町村で議会選挙が行われる。中でも、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設先の名護市、陸上自衛隊配備予定地の石垣市の市議選で与党が過半数を獲得できるかどうかが焦点となる。続く10月実施予定の豊見城、那覇の両市長選も11月18日の県知事選の行方を大きく占うものとして注目される。(那覇支局・豊田 剛)

 沖縄県は現在、11市のうち、9市が保守系市長が占める。だが、名護と石垣は議会が過半数に満たず、ねじれが生じている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ