世界日報 Web版

万策尽きた翁長沖縄県知事


西田 健次郎

OKINAWA政治大学校名誉教授 西田 健次郎

 沖縄・南城市長選はまったくの想定外で現職が負けた。

 世論調査で保守系現職と革新系新人が拮抗(きっこう)していることを知っていたが、負けるはずのない選挙であった。連日、応援で走り回っていただけに、わずか65票差は口惜しい。自民党県連は徹底的に敗因を総括しなければならない。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ