世界日報 Web版

衆院選沖縄4区 翁長知事派の仲里氏落選


衆院選沖縄4区 翁長知事派の仲里氏落選

「オール沖縄」の一角崩れる

 衆院選が22日、投開票され、沖縄選挙区では米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設阻止を掲げる革新系「オール沖縄」の前職3人が当選したが、無所属前職が議席を失い、翁長雄志知事にとって痛手となった。(那覇支局・豊田 剛)

 23日午前1時半、4区は自民前職の西銘恒三郎氏(63)=公明推薦=の5期目の当選が確定、無所属前職の仲里利信氏(80)から「選挙区奪還」を果たした。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ