世界日報 Web版

沖縄市で45年祝賀大会、大多数が本土復帰「良かった」


沖縄市で45年祝賀大会、大多数が本土復帰「良かった」

沖縄県内の景気は好調、44カ月連続で拡大

 沖縄県は15日、本土に復帰して45年の節目を迎えた。復帰当時、「本土並み発展」を目指した沖縄県は、目覚ましい経済成長を遂げた。復帰を祝賀する式典が14日、沖縄市で開かれ、多くの県民が復帰の喜びを再確認した。(那覇支局・豊田 剛)

 「45年間で社会資本の整備、就業者数の増加、有効求人倍率の向上に加え、2016年度の入域観光客数は史上最高を記録するなど、着実に成果を挙げている。沖縄は東アジアの中心に位置する地理的特性や日本一高い出生率といった優位性があり、日本のフロントランナーとして日本経済再生の牽引(けんいん)役となる可能性を秘めている」


...【全文を読む】
記事の全文をご覧いただくには世界日報 電子版のご購入(有料会員登録)
が必要です。(最大1カ月間無料!カード支払のみ)
すでに会員の方は、ログインしてご覧ください。
新規会員登録へ ログインへ

PAGE
TOP